物理的貧乏性

NO IMAGE

僕は、いわゆるメンタルな貧乏性という事ではなく、
物理的な “貧乏性” なんです。

例えば、歯磨き粉とかなくなると、
すぐに捨てずに、こうして、ハサミで切って、
内側に残っているものまで、使い切らないと捨てられないのです。

o0484064812001532313

 

o0484064812001532312

 

ほらね、まだ結構あるでしょと誇らしげに、
言うと、奥さんは、「ドモホルンリンクルじゃないんだから」と
ツッコミが入ります。
ハンドクリームも同じ。

食器洗剤やシャンプーも、最後「シャー」と終わったら、
水を入れてシャカシャカして、それを使いきって、
フィニッシュ感を得ます。
※でも水を入れたまま放置すると雑菌が繁殖するそうなんで、
最近は、1回オンリーにしてますけどね。

封筒も捨てる時は、中にお金が入ってないとわかっていても、
破らないと捨てれません。

汚いタオルも、雑巾にしないと捨てれません。
雑巾にしてからも、なかなか捨てないので、うちは、雑巾だらけです。
それでも、雑巾を作るためのミシンが欲しいと思っています。

古い、パソコン機器ももしかしたら、将来使う事があるかもと
思ってなかなか捨てれません。
※今時、M.Oドライブなんていうのも持ってます。

パソコン本体は、捨てる時は、大した個人情報もないくせに、
ハードドライブをこれでもかってくらい壊します。
※これは、正しいかな。

極めつけは、処方箋薬。
あまってしまったものをためておいたら、
なんの薬かさっぱりわからなくなり、
一応、ネットで調べて、その症状の時に、飲んだりしてますが、
自分でも危険な行為とわかっているのか、
こないだ、まとめてすてました。

なんでもかんでも、すぱっと捨てられる性格になりたい主夫日記でした。