Pages Menu
TwitterRssFacebook
Categories Menu

Posted by on 1月 6, 2013 in 家電ネタ | 0 comments

Apple TV にハマってみる(1)

去年の10月ぐらいにApple TVを買ったのはいいけど、
長い間その使い方をよくわからないまま放置状態でした。

8800円という金額のわりにそれなりにコンテンツが楽しめるという事でしたが、
よく使ってないうちに自分が持っている事すらもしばらく忘れてました。

そこでこの正月に使い方をマスターしようといろいろ設定してみました。

まず、Apple TVとは、

o0500033312365402307

o0500033312365402308
こんな形状のもので、無線LANとテレビあれば、すぐに使えるものなんです。
リモコンのAppleらしくとてもシンプル。
主な機能は、

●MACとコンテンツのシェア
MAC上で閲覧しているものをテレビに映し出す。
※ソフトウェアによってこの機能が使えるものと使えないものがあります。

●写真、音楽、ホームビデオ
iCloud上にそれらをアップしていると、テレビでもそのコンテンツが
閲覧する事が可能です。
※ファミリーシェア向け

●YouTube
YouTube動画をPCで見るよりも高解像度でテレビで閲覧する事が可能。
懐かしい画像や面白い画像を家族でシェアするにはいいかも。
ただ、欠点は、検索で日本語が使えない事。
なので、iPadのリモート機能を使ってiPadで日本語検索をしていますが、
Apple TVだけでは入力ができないので、この点が改善できればいいと思いました。

●ムービー
オンラインレンタルビデオショップみたいな感じで、ちょっと前に公開された映画から昔の名作まで有料ですが、高解像度で見る事ができます。
(定額ではなく1本1本課金されるしくみ)

●MLB/MBA/NHL
メジャー・リーグ、バスケット・ボール、ホッケー好きにはたまらない!
各試合のハイライト、スケジュール、順位、成績を見るぐらいだったら
無料で閲覧可能。
ただ、試合を見たいとなると、年会費を払わなければ閲覧できない。
※残念ながらコンテンツはすべて英語で字幕はありません。

●iTunesにもあるインターネットラジオ
パソコン上では、日頃から仕事中のBGMとして、よく使っているので、
リビングにそのまま使えるラジオとして、家に友人が来た時とか、
掃除しているとかのBGMとして使っています。

●Flickrフォト(ネット上のフォトストーレッジ)
こちらも普段、写真を撮るとそのサイトにアップしているので、
ログインする事により、自分のフォトライブラリーをいつでも
テレビで閲覧ができるので、人に見せる時等に便利なので役立ってます。

●VIMEO
動画配信サイト。日本では知名度は低いですが、YouTubeと違って、
オリジナルコンテンツでない投稿ができないので、クオリティーの高い、
アーティスティックな映像が楽しめます。
ただ、一つ一つのコンテンツが短いため、
BGMとして使うというより、一つ一つじっくり選んで閲覧する事が多いので、
個人的になかなかハマるまでいってません。
※パソコンで自分のコレクションを作り、見たいものだけをテレビで見るのが、
自分なりの賢い使い方としています。

●WSJ
金融、国際ニュース速報を閲覧できますが、こちらは、
よいコンテンツなのですが、残念ながら、字幕はありません。

その他、Huluという映画やドラマを定額で有料で配信している
コンテンツがあるのですが、次のブログでその感想をお伝えします。

結論!

Apple TVにハマってると、暇つぶしによいと思った機器が
結果的に、時間を奪われていく事に気づいた正月ボケの主夫日記でした。
でも楽しい!

Post a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA